Stevie Ray Vaughan

只今製作中になります、日々進めておりますので
少々お待ちくださいm(__)m

スティーヴィー・レイ・ヴォーン(1954年10月3日−1990年8月27日)は、アメリカのブルース・ギタリスト、作曲家、歌手。
本名はStephen Ray Vaughan(スティーヴン・レイ・ヴォーン)。
その演奏スタイルはエレクトリック・ブルースの一つの頂点と考えられており、後進の音楽家に巨大な影響を与え続けている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第7位、2011年の改訂版では第12位。

1954年10月3日、テキサス州ダラスに生まれる。

高校を中退した後、音楽家の道を志してオースティンに向かい、そこでジョニー・ウィンターの目にとまる。
その後「ポール・レイ・アンド・ザ・コブラス」というバンドで活動を開始し、1970年代中盤までにシングルを3枚(2枚は「コブラス」名義)発売した。

1975年、「トリプル・スレット・レヴュー」を結成。結成時のメンバーは、その後兄ジミー・ヴォーンと来日もするルー・アン・バートン(ヴォーカル)、W.C.クラーク(ベース)、マイク・キンドレッド(キーボード)らであった。

ちなみにクラークとキンドレッドは、後にスティーヴィーの持ち歌として知られるようになる"Cold Shot"の作者である。
このバンドの2代目のドラマーとして加入したのがクリス・レイトンであった。

1978年、バートンがバンドから脱退。
残されたメンバー、スティーヴィー、クリス、ジャッキー・ニューハウス(ベース)は「ダブル・トラブル」と名乗り活動を続行する。
スティーヴィーがリード・シンガーも兼任するようになったのはこの時からである。
ちなみにバンド名はオーティス・ラッシュの曲から採られている。

1981年、ベーシストが元ジョニー・ウィンター・バンドのトミー・シャノンに交替。

1982年、モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。
演奏を見ていたデヴィッド・ボウイ、ジャクソン・ブラウンに声をかけられる。この時の出会いが、後に彼が成功していくきっかけとなった。

1983年、デヴィッド・ボウイのアルバム「レッツ・ダンス」に参加。

同年、ジャクソン・ブラウンのスタジオで録音した「スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル」名義で最初のアルバム「Texas Flood(ブルースの洪水)」を発表。
50万枚を売り上げてゴールド・ディスクを獲得。またシングル「プライド・アンド・ジョイ」も、ジングルチャートトップ20入りを果たした。

1984年、2作目「Couldn't Stand the Weather」(ゴールド・ディスクを獲得)を発表。

1985年、1月に来日。来日公演では発表を間近に控えていた「Soul to Soul」から"Say What!"も演奏される。

同年、キーボードにリース・ワイナンズが加入。
3作目「Soul to Soul」(ゴールド・ディスクを獲得)を発表。

この後、麻薬中毒とアルコール中毒になり入院。
麻薬中毒の治療は、ジョージア州アトランタで行われた。

1989年、4作目「In Step」を発表。
グラミー賞(Best Contemporary Blues Recording)を獲得。

同年、ジェフ・ベックとともに全米ツアーを行う。
(当時の『ギター・マガジン』誌によれば、ヘッドライナーはスティーヴィーで、観客の反応も圧倒的にスティーヴィーの方が良かったとされている。)

1990年8月26日、ウィスコンシン州イースト・トロイのアルパイン・ヴァレイ・ミュージック・シアターで行われたブルース・フェスティバルに出演。

エリック・クラプトン、バディ・ガイ、ロバート・クレイ、ジミー・ヴォーンらと共演。

終了後、シカゴ行きのヘリコプターに乗り込むが、8月27日未明にアルパイン・ヴァレイ・リゾートにあるスキー場のゲレンデに濃霧で視界を失ったヘリコプターが墜落、エリック・クラプトンのボディガードを含む乗員全員と共に死去。

事故の4日後、葬儀はダラスのオーク・クリフ地区で行われた。
参列者は1,500人を超え、会場となったチャペルの外には更に3,000人が集まるという盛大なものとなった。

参列者の中にはジャクソン・ブラウン、ドクター・ジョン、バディ・ガイ、ボニー・レイット、スティーヴィー・ワンダーらの姿があった。

没後
1990年、実兄のジミー・ヴォーンとともに録音していた音源が「Family Style」というタイトルで発表される。
名義は「ヴォーン・ブラザーズ」である。
また、1991年には未発表音源が「The Sky is Crying」というタイトルで発表される。

1991年、テキサス州知事は彼の誕生日である10月3日を「スティーヴィー・レイ・ヴォーン・デイ」に制定。

毎年この日はオートバイのイベントとチャリティ・コンサートが開催され、収益金は「スティーヴィー・レイ・ヴォーン奨学金」の資金となっている。

「スティーヴィー・レイ・ヴォーン奨学金」は音楽を専門的に学ぶ若者を支援する奨学金で、スティーヴィーの故郷オーク・クリフにある。
グレイナー・ミドル・スクールの8年生に支給されている。

1992年、フェンダー社はスティーヴィーの愛器であった「ナンバー・ワン」をモデルとしたシグネイチャーモデルのストラトキャスターを発売。

フェンダー社の定番商品となり、現在でも生産され続けている。

1994年、オースティン市はスティーヴィーのコンサートが数多く行われた市内のリゾート地「タウン・レイク」にスティーヴィーの銅像を設置した。

1997年、カーネギー・ホール出演時(1984年10月4日)のライブ音源が「Live At Carnegie Hall」として発表される。
ドクター・ジョンや、兄ジミー・ヴォーンがゲスト参加。

スティーヴィーは現在、故郷ダラスのローレル・ランド・メモリアル・パークに眠っている。